女性

バストアップ手術

整形

小さな胸を大きくしたい場合は、美容外科クリニックへ行って豊胸手術を受けるのがよいです。豊胸手術には様々な種類のものがありますが、人工乳腺バッグを挿入する手術を受けた場合は、皮膜拘縮を予防するための術後ケアが必要になります。

詳細を確認する...

人工乳腺バッグ挿入法とは

整形

可能な限り胸を大きくしたいという希望を持っている人に適しているのは、人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術です。人工乳腺バッグ挿入法以外にも胸を大きくする方法はありますが、1カップ以上の豊胸が可能なのは人工乳腺バッグ挿入法による手術だけです。

詳細を確認する...

理想のバストを手に入れる

美容外科のバストアップ

胸

古くから動物性脂肪やタンパク質などの濃厚なものを多く摂ってきた欧米の女性は肉感的でメリハリのある体型で、身体に厚みがあり、バストやヒップが大きめです。それに比べて、野菜や魚といった比較的あっさりしたものを食べてきた日本女性は、どうしても骨格から華奢になりがちなことから全体的にスラっとした体型で、身体の厚みが薄く、バストやヒップも小さめな人が多いようです。こうした華奢な体型は着物はきれいに着こなせますが、洋装の時代となった現代では、やはりメリハリのある体型の方がどうしても映え、また女性らしい印象を与えると言われています。そんなことからバストアップを求める声は非常に大きく、女性の理想を医療の力で叶える美容外科に大きな期待が寄せられています。美容外科のバストアップといえば、胸にシリコンバッグを挿入する豊胸術がよく知られています。ただし、身体にメスを入れることや手術に抵抗があり、豊胸に興味があれども二の足を踏む人も未だ少なくないようです。しかし、実は豊胸術はこれだけでなく、メスを使わないいわゆるプチ豊胸や脂肪注入術など様々な選択肢が用意されているのです。こうした施術の多様化が進んできたことから、美容外科の豊胸術を求める人はこれからさらに増えていくと考えられています。

それぞれの施術方法の特徴

最もよく知られたシリコンバッグを挿入する豊胸術は、2カップ以上大きくしたい人、半永久的な効果を望む人に推奨される方法です。用意されているシリコンバッグの形や大きさは多数あり、理想とする大きさや形を選ぶことができます。またシリコンバッグは安全性が高く形が崩れないものを使用することから、半永久的に状態をキープすることが可能です。注意すべき点としては、手術することもあって術後痛みを感じる場合があること、また術後数回の通院が必要なことがあげられます。脂肪注入術は、自分の余分な脂肪を吸引し、それを胸に注入する方法です。スリムアップとバストアップの両方が叶えられる画期的な方法であることから、人気が高い施術です。注意点としては、胸に注入した脂肪の全てが定着することは難しく、定着率はおよそ5割程度と言われています。また、シリコンバッグ挿入術ほどではないとされていますが、術後に軽い痛みを感じる人が多いようです。最後のメスを使わないプチ豊胸は、胸にヒアルロン酸を注入する豊胸術です。ヒアルロン酸を注射で胸に注入するもので、わずか10分程度の施術で1カップほどのナチュラルなバストアップが可能です。手軽で安全性が高いことから、今最も人気のある豊胸術と言われています。こちらの注意点は、ヒアルロン酸は徐々に身体に吸収されるため、バストアップの効果は2年から3年ほどであることです。もちろん、再施術が可能です。